エクササイズ

螺旋の「藻」が持つパワー

さぷり

豊富な栄養素が凝縮されているスピルリナは、「未来のスーパーフード」として注目されているだけでなく、健康や美容、アレルギー症状の緩和や免疫力の向上といった方面においても、めざましい効果があるとされています。

詳細を読む

注意すべき点や今後の動向

さぷりめんと

クロレラは栄養素が豊富で、栄養不足に対しての効能があります。しかし医薬品によっては、その効能を下げる可能性もあります。また今後は栄養不足の人たちにとって重要な食品となりますが、注意点なども広く認知させる必要もあります。

詳細を読む

いつまでも若いと言われる

サプリメント

若々しい人が取り入れていることを知れば、年齢を重ねても理想の自分でいられます。 今、主に行われているとして若返り効果を期待できるサプリメントの使用が挙げられます。 その内容は、美容に必要とされる成分の数々が存在します。

詳細を読む

現在のごま成分への期待

ゴマ

近年の研究成果

近年では健康志向を反映した商品の開発や、困難とされていた疾病への治療方法の研究開発が進められています。そしてその中では、従来では食品に含まれる成分の1種としてだけで受け取られていた成分が、意外な治療効果を呼ぶ事が判明したり期待されたりする様になった例も挙げられます。ごま成分の1つとして知られていたセサミンも、そうした成分の1例になりつつあるとされます。もともとセサミンには体の老化を予防する効果となる、抗酸化作用を持つ事は知られていました。それが近年の研究によって、老化による神経細胞の死滅現象を抑制する効果が、セサミンに含まれる事が判明したとされます。その結果、アルツハイマーをはじめとした神経細胞の異常によって起きる疾病への治療法確立が期待される様になったと言われています。

より良い摂取法の例

こうした意外な効果も期待されるセサミンは、普段通りの摂取でもその抗酸化作用によってガン細胞を抑制する効果の他、脂肪分解酵素への働きかけをはじめとした肝臓機能の活性化に繋がるとされています。一方で、ごまに含まれるセサミンの量は少なめと言われており、成分が含まれる部分は通常、外側を覆う固い殻に遮られています。したがってすり潰したり火であぶったりする事で中身が表に出る様な状態にする必要があります。また鰻やカボチャなどに含まれるビタミンE、魚に含まれる脂肪分と共に摂取すると、吸収効率が良くなるとされます。しかし単純にごまからだけでセサミンを摂取しようとした場合、1日の摂取目安量として3000粒分程度が必要だとも言われています。そのため調理時間が取れない時は、サプリメント形式で摂取する事が無難だとされています。

オススメサイト

  • ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て

    セサミンのサプリを利用してみたいと思っているならこちらからとなります。ここなら最適な商品を選ぶことができますよ。